多くの人が悩む目の病気【飛蚊症っていったいなに】

Menu

症状と注意点

医師

通常は心配ありません

明るい場所で空を見上げたり白い壁を見たりしたとき、目の前を透明のアメーバのようなものが浮遊して見えた経験はありませんでしょうか。人によってその形状は様々ですが、この浮遊物が見えることを飛蚊症と言います。普段は全く気になりませんが、ふとした時に気づくと視界をずっとついて回るので少し煩わしいものです。眼球内には硝子体と呼ばれる透明なゼリー状の物質が詰まっており、年齢と共に硝子体に含まれる繊維と水分が分離します。そして、その分離した繊維が硝子体内を浮遊する状態になります。この繊維の塊が影となって見えるのが飛蚊症の正体です。硝子体の中を漂っているので、視線にそってフラフラと動いて見るのです。また、加齢による老化現象として発生するほか、目を強く打ったときや強度近視の方に現れます。一般的には上記の原因で起こりますが、網膜剥離・網膜裂孔などの目の病気でも飛蚊症を伴う場合があります。網膜は痛みを感じることがないので、全く無自覚のまま進行する危険性の高い病気です。また、症状が進行すると、視力の低下や視野の一部が欠けたり見えにくくなったりして、最悪の場合には失明に至る可能性もあります。それから、目の炎症でも硝子体が濁って飛蚊症を自覚する場合があります。軽度の症状から始まり、徐々にひどくなるのが特徴です。症状が進行すると視覚にも支障を与えるため、早期に炎症を抑えることが大切しょう。同様に打撲や糖尿病、高血圧などの病気が原因で硝子体に血が混ざり、飛蚊症に似た症状を呈する場合があります。