多くの人が悩む目の病気【飛蚊症っていったいなに】

Menu

初診の受診先は

女性

浮遊物を取り除きたいなら

視野に突然モヤが掛かったり、あるいはカエルの卵のような、つながったウネウネが見えるようになった場合は驚くかもしれません。それらも蚊が舞うように見える飛蚊症の症状ですから、病院で診察を受けるのが賢明です。専門は眼科医ですが、もしもお近くに眼科医院がなく、大きな総合病院しかない場合、先ずは掛かりつけのお医者さんに相談するのも良いでしょう。一般内科では専門外ですから、もちろん飛蚊症の検査などは行ってくれませんが、その代わりに紹介状を出してくれます。紹介状を持っていれば、大きな総合病院などで加算されることが多い、初診時の選定療養費をカットできますので、経済的に受診できるでしょう。また、既に総合病院へ通っているなら、その担当医を通して、院内の眼科を紹介してもらうのも良いかもしれません。一方、治療の必要性がないと診断された飛蚊症でも、それを何とか治したい場合には、飛蚊症のレーザー治療を行っている眼科を探しましょう。全ての眼科で行っている訳ではありませんが、この軽減治療に取り組んでいるクリニックは数々あります。そこで、費用だけでなく、患者に合わせた万全の治療体制が整っているかなど、信頼できる眼科を選ぶのが肝心です。執刀医をチェックするのも大切で、所属学会や保有ライセンスなど、見識が豊かなドクターかどうかを確かめましょう。そして、治療は行って終わりという眼科でなく、治療後のアフターフォローも充実している医院を選択するのが重要です。術後の経過は患者ごとで違いますので、軽減治療後のケアも大切にしているクリニックを選んでください。