多くの人が悩む目の病気【飛蚊症っていったいなに】

Menu

気軽に治せる症状

目元

治療費は事前に確認

飛蚊症の症状が現れたら、まずは眼科に行って検査を受けることが大切です。飛蚊症の多くは放置をしていても失明をするようなことはありませんが、中には網膜剥離や網膜裂孔といった症状を伴っているために発症しているケースもあります。まずは、眼科で今の状態を把握することが大切です。気になる費用ですが、3割負担であれば1,500円〜3,000円程度で検査をしてもらうことができます。病的飛蚊症でなくても、症状によっては生活にも支障をきたしている人もいるでしょう。そんな人はレーザー治療によって症状を軽減させることができます。この時の費用の目安としては、片目で10万円、両目では20〜30万円程度と考えておくと良いでしょう。一般的な飛蚊症は病気とは判断されないため、健康保険が適用されず、自己負担で治療を受ける必要があります。ただ、レーザー治療を受けたからといって、飛蚊症を完治させるのは難しいようです。レーザー治療では、完治させるものではなく症状を軽減させるものと考えておくと良いでしょう。実際にレーザー治療を受けた人の中には、手術前の状態を100とするなら、手術後には20くらいまで症状が軽減したという声があります。飛蚊症で悩まされている人にとって、100が20まで軽減するのなら、受けるだけの価値があると感じる人もいるでしょう。飛蚊症のレーザー治療はけして安いものではありません。しかし、毎日飛蚊症が気になり、仕事やプライベートにも影響を及ぼしている人には、レーザー治療は大きな助けとなる存在となるでしょう。