多くの人が悩む目の病気【飛蚊症っていったいなに】

Menu

病気の前兆ということも

目

早期治療に役立てよう

網膜に穴が開いてしまう網膜円孔や、裂け目ができる網膜裂孔などは、進行の過程で飛蚊症を伴う場合がほとんどです。そのため飛蚊症は大きな病気の前兆という特徴があり、早期発見に役立てられます。もしも見てみぬフリをすればその間に症状が進行し、水分が裂け目から侵入するなど、網膜を剥がしてしまう可能性があるので大変危険です。網膜剥離は歩行の振動だけでも剥がれ具合が大きくなるため、症状が悪化すれば視野の欠損や、悪くすれば視力をも失いかねません。飛蚊症はその治療のタイミングを教えてくれるサインでもありますから、無視しないようにしましょう。網膜が剥がれる前の網膜裂孔などなら、レーザー治療も確立されているため、決して恐い病気ということでもありません。また、飛蚊症では黒い雲状の浮遊物が見えることも特徴ですが、この見え方はブドウ膜炎が原因の時に多い症状です。ブドウ膜炎は視力の低下やカスミ目などを招き、飛蚊症になったことで初めて分かるケースもあります。症状が進行すれば、目の硝子体組織に模様のようなニジミが発生し、それが黒い雲のように見えるのです。そして硝子体の奥が剥がれても飛蚊症は起こり、この場合は飛蚊症を自覚する前後に視野がピカッと光るのも特徴で、発光体が見た時は後部硝子体剥離の可能性が高くなります。飛蚊症を招く原因は決して1つではなく、それら以外にも数々の病気を知らせる前兆としても出るため、可能な限り眼科へ足を運んでください。