多くの人が悩む目の病気【飛蚊症っていったいなに】

Menu

女性

初診の受診先は

突然飛蚊症を発症して初診で眼科へ行く際、選定療養費を加算される総合病院しかない時は、最初に掛かりつけ医の所へ行き、紹介状を書いてもらうのも得策です。一方、症状の改善なら、アフターフォローなどを基準に、レーザー治療を行う眼科を探しましょう。

医師

症状と注意点

飛蚊症を自覚しても、多くの場合は目の機能に問題はないため気にする必要はありません。しかしながら、症状によっては深刻な病気の前触れの場合もありますので、気になることがあれば早めに受診して治療するようにしましょう。

目

病気の前兆ということも

網膜裂孔やそこから発生する剥離、またはブドウ膜炎など、飛蚊症は目の疾患を知らせるサインという特徴もあり、早期発見に役立てられます。治療のタイミングを逃さなければ視野欠損や失明も防ぎやすいため、飛蚊症が出た時は眼科へ足を運びましょう。

目元

気軽に治せる症状

飛蚊症の症状の中には、他の病気によって起こっていることもあるので、症状が現れたら早めに検査を受けることが大切です。この検査は保険が適用されるので数千円での費用で済みます。検査では保険が適用されますが、飛蚊症の治療は保険適用外です。

女性

目の健康のために

飛蚊症は、硝子体が濁って劣化してしまうことで生じる目の症状です。重い場合には、レーザー治療によって症状を緩和させることが可能です。また予防のために、常に目を休ませることを心がけ、規則正しい生活を送ることも重要です。

目に生じる症状の改善

女性

サプリの摂取がおすすめ

飛蚊症とは、目の前に虫が飛んでいるように見えてしまう症状のことです。高齢の方に多くみられる症状ですが、最近ではパソコンやスマートフォンの普及から目を酷使する若者が増えてきており、若い人でも発症してしまうことが増えてきていると言われています。さて、飛蚊症の原因ですが、まず目の中には硝子体と呼ばれる物質が入っています。硝子体はどろっとした液体で、透明度が高いとされる物質ですが、様々なことが原因でそこが濁ってしまうことがあります。これが、飛蚊症の直接の原因です。光を通す役割を果たす硝子体が濁ることで、網膜にゴミや虫のようなものを写してしまい、飛蚊症として自覚します。そして実は、飛蚊症は有効な治療法というものは特に確立されていないのが現状です。ただ、硝子体が濁るのを防ぐための方法というものはあります。おすすめは、ブルーベリーサプリなどの摂取ですサプリメントは健康食品の一種で、処方箋のいる薬などではないためドラッグストアなどで気軽に購入することが出来ます。ブルーベリーは、目に良いとされる成分が豊富に入っているとされる食べ物です。この成分を効果的に摂取することで、目の健康が維持され、硝子体の濁りを防ぐことが出来ます。また、気づいたときに目のマッサージを行ったり、長時間テレビやパソコンを見ることを避けるなどの予防も大切です。目を大切にすることで、飛蚊症を予防し、また視力の低下なども防ぐことが出来ます。